美白のための食べ物で内側から美白

美白のための食べ物で内側から美白

美白化粧水

美白となると、やはり美白用の美容液など肌の表面から美白効果を与えるものがまず思い浮かびます。
しかし、食べ物によって身体の内側からもケアすることで、さらに有効な美白効果を得ることができるのです。

 

美しく健康は肌を作るためには、それに必要なビタミン、ミネラル、脂質、糖質、タンパク質をバランス良く摂取する必要があります。
特に、身体に疲労・ストレスが溜まっている時や、肌が大量の紫外線を浴びた後には活性酸素という身体を酸化させて老化を早める物質が発生しています。

 

この活性酸素の攻撃力を無くすために必要なのが、酵素やビタミン・ミネラルです。
ビタミン・ミネラルは酵素を活性化させるために必要な補酵素でもあり、また、美白効果も発揮する優れものです。
これらは生野菜から摂取することができますので、積極的に摂れる食生活を心掛けましょう。


美白に効果のある野菜はこれ

パセリ、ブロッコリー、トマトなど…ビタミンCを多く含む
 ※ビタミンCには、メラニンを還元する作用があります。

 

モロヘイヤ、赤ピーマン、パセリなど…ビタミンEを多く含む
 ※ビタミンEには、血行促進効果、角質硬化防止、抗酸化作用、メラニン色素の沈着防止効果があります。

 

ニンジン、かぼちゃ、ホウレンソウなど…β-カロチンを多く含む
 ※皮膚の新陳代謝を促進、日焼けによるトラブルを軽減する効果があります。

 

大豆、小麦胚芽など…L-システインを多く含む
 ※L-システインには、メラニンを排出を促す作用があります。
 ※野菜類にはほとんど含まれませんが、上記のとおり豆類・穀類から摂取できます。

 

トマト…リコピンを多く含む
 ※リコピンには、強力な抗酸化作用があり、日焼け防止作用を持っています。

美白を目指す野菜ジュースレシピ

美白化粧水

美白を目指すなら、美白効果たっぷりの野菜を使ったジュースを飲んで身体の中から美白ケアをしてみましょう。

 

ニンジンジュース

 ・ニンジン・・・1本
 ・レモン汁・・・適量
 ・はちみつ・・適量
(作り方)
ジューサーにニンジンを入れて搾り、レモン汁とはちみつを加えて味を整えて出来上がりです。
※レモン汁とはちみつの代わりに、100%のオレンジジュースでもOK。  

 

トマトジュース

 ・トマト・・・2~3個
 ・レモン汁・・・適量
 ・塩・・・適量
(作り方)
トマトをまるごと2個ミキサーにかけて、好みでレモン汁や塩を入れて味を整えて出来上がりです。

 

グリーンスムージー

 ・ホウレンソウ・・・1株
 ・バナナ・・・1本
 ・リンゴ・・・2分の1個
 ・はちみつ・・・適量
(作り方)
ホウレンソウ、バナナ、リンゴをジューサーに入れて滑らかになるまでかけ、はちみつを加えて出来上がりです。
緩くしたい場合は、少量の水を加えるのも良いのですが、栄養価が高く脂質が少ない豆乳を加えてもOK。

 

美白化粧水ランキング