シミと肝斑の違いは?

シミと肝斑の違いは?

美白化粧水

シミ肝斑は同じように見えて見分けがつきにくいですが、全く違うものです。

 

どちらも後天的なものが原因でできますが、それぞれに原因も改善のための対策にも違いがあります。
肝斑もシミの一種であるのですが、他のシミと同じものだと思って同じようにケアしてしまうと悪化させる恐れがありますので、それぞれの特徴をよく理解しておきましょう。


シミの特徴

ニキビや虫刺されなどによる炎症が治まり赤みが引いた後に現れるものと、過去からの紫外線ダメージの蓄積により40歳前後から現れ始めるものがシミです。

 

炎症性色素沈着であれば炎症を起こした部分そのままで、身体のどこにでも現れるのが特徴です。
老人性色素斑であれば円形類でくっきりとした輪郭を持ち、主に紫外線を浴びやすい顔、腕、手の甲などに現れやすいのが特徴です。

 

シミができる主な原因は、肌が炎症を起こしたり紫外線を大量に浴びたりすることによって発生した活性酸素が肌を酸化させてしまうのを防ぐために、メラノサイトがメラニン色素を作り出して色素沈着を起こしてしまうことによります。

 

通常、メラニン色素は肌のターンオーバーによって古い角質とともに落ちるのですが、ターンオーバーの異常によって落ちにくくなって色素沈着を起こした結果がシミです。

肝斑の特徴

美白化粧水

シミができる原因が紫外線の影響が大きいことはよく知られていますが、肝斑は紫外線の影響は関係なくできてしまいます

 

肝斑は、頬の高い位置、額、口の周りに左右対称にできやすく、目の周りにはできず、シミのようなくっきりとした輪郭を持たず、ボヤけた感じにできるのが特徴です。しかも、季節や体調によって濃さに変化が出ることもあります。

 

妊娠、経口避妊薬(ピル)、強いストレスなどによる影響で、ホルモンバランスの崩れることが肝斑を発生させる原因となるケースが多いです。
そのため、女性ホルモンの変化や乱れる機会が多い30~40代の女性に発生することが多く、それを越えた年代ではほとんど発生しません。

 

女性ホルモンが乱れると、プラスミンと呼ばれる分解酵素が増えてメラニン色素を作り出してしまったのが肝斑の正体です。

 

紫外線によってできるものではありませんが、できてしまってからは紫外線は肝斑を悪化させる原因となってしまい、マッサージなどで触れすぎることも刺激になってしまいます。
また、シミに有効な美白用のスキンケア製品も肝斑には有効でなく、他のシミ消しに有効なレーザー治療は肝斑を悪化させてしまいます。

 

肝斑の治療は、原因となるプラスミンの活動を抑制するためにトラネキサム酸が配合された薬で行なう必要があります。

 

美白化粧水ランキング