シミとそばかすの違いは?

シミとそばかすの違いは?

美白化粧水

一見、同じ様に思えるシミそばかすですが、実は全く違うものです。

 

どちらにも共通して関わっているのはメラニン色素ですが、それぞれに発生する原因や特徴があります。
最も簡単な表現をするとすれば、シミは「後天性」、そばかすは「先天性」です。
それぞれにどのような違いがあるのか確認し、どのようなケアが有効であるのかをみてみましょう。


シミの特徴

シミは後天的なものが原因で、メラニン色素を発生させるメラノサイトが刺激を受けてできるものです。
肌の炎症や加齢によってできてしまう色素沈着です。後天的な原因でできる主なシミは以下の2つです。

 

炎症後色素沈着

ニキビや虫刺されなどにより皮膚が炎症を起こし、それが治まった後(赤みが引いた後)に発生する色素沈着です。

 

私たち日本人を含む黄色人種はメラニンを多く持つため、炎症を起こした後にこの色素沈着を起こしてしまう確率が高いと言われます。
放っておいても新陳代謝が正常であれば消える可能性が高くあり、美白用化粧品も比較的効きやすいという特徴があります。しかし、紫外線を受けると悪化してしまいます。

 

炎症を起こした部分であれば、身体のどこでも現れる可能性があります。

 

老人性色素斑

美白化粧水

40歳前後から現れやすいシミで、それまでに浴びてきた紫外線が原因で長い時間をかけて現れるものです。つまり、過去の紫外線によるダメージが溜まってしまったことでできてしまうシミなのです。

 

紫外線を浴びやすい顔、手の甲、腕などにできやすく、茶系でくっきりとした輪郭を持った円形であるのが特徴です。

 

炎症性色素沈着と違い、一度できてしまうとなかなか改善が難しいものでもあります。改善するためにはレーザー治療などが必要になります。

そばかすの特徴

そばかすは、後天的なものが原因となってできるシミと違い、遺伝性のものがほとんどです。そばかすの正式名称は「雀卵斑(じゃくらんはん)」といいます。

 

そばかすの大きさはシミよりも小さく、鼻の周辺や頬といった決まった場所に出やすいのが特徴です。
遺伝性のため幼少期から発生するケースが多く、紫外線を浴びることで濃くなる性質があります。

 

しかし、時間の経過とともに濃くなるシミとは逆に、薄くなっていくこともあるのです。そばかすは先天的なものなので、自分でケアすることは難しく、消そうとなると美容外科等での治療が必要となります。

 

濃くなることを防ぐことは可能ですので、そのためには日焼け止めを塗るなどの紫外線対策が有効です。
メラニンの生成を抑えるビタミンC、肌のターンオーバーを促進させるビタミンEなどを積極的に摂取することも、そばかすを濃くしないために有効です。

 

美白化粧水ランキング