美白にはビタミンCが必要な理由

美白にはビタミンCが必要な理由

美白化粧水

ビタミンCが美白に必要な理由は、還元作用と酵素阻害作用があり、これらによってシミやくすみの原因となるメラニン色素の生成を抑える効果があるからです。
また、日焼けによる炎症とともに発生する活性酸素を分解して肌のダメージを抑え、メラニン色素を生成させるチロシンという物質を抑えて色素沈着を防いでくれる効果もあります。

 

つまり、ビタミンCはシミやくすみの原因となるメラニン色素の発生元にまで作用して、肌が黒くなってしまわないように守ってくれるビタミンなのです。


美白のためのビタミンC摂取量はどれくらい?

成人男女が身体機能維持のために必要とする1日のビタミンC摂取量は100 ㎎です。
しかし、美白のための摂取量は1日2000㎎以上です。

 

なぜなら、ビタミンCは消化吸収の過程で破壊されてしまい、生命の維持に関わる心臓や脳へ優先的に使われてしまいます。
肌は生命維持にほぼ関係の無い肌は、ビタミンCを使える優先順位としては臓器に比べるとずいぶん下位となるため、たくさんのビタミンCを摂取しなければ肌まで届くことができないのです。

 

しかし、2000㎎以上のビタミンCを摂取しようとすると、かなりの量の野菜や果物を食べる必要があります。
例えば、赤ピーマン100gで170㎎、パセリ100gで120㎎、レモン100gで100㎎、キウイフルーツ100gで69㎎のビタミンCが含まれています。
これらの食材を組み合わせて大量に食べれば2000㎎の摂取を達成することも可能ですが、1日2~3kgもの野菜や果物を食べることはかなり困難なことです。

美白にビタミンCサプリは効果ある?

美白化粧水

美白のためにビタミンCサプリにてビタミンCを摂取することは効果的であると言えます。

普段の食事から1日の最低限の必要量(100mg)を摂取することは簡単です。
しかし美白に必要と言われる2000mg以上のビタミンCは、食事のみでの摂取は困難であるため、サプリから不足を補うことをおすすめします。
ただし、大量のビタミンCを一気に摂取すると尿によって排出されてしまう量も増えてしまうので、1日数回に分けて摂取することもおすすめです。

 

ビタミンCを美白効果のために摂取するベストタイミングは就寝前です。
寝ている間は排泄が起きにくく、ビタミンCの血中濃度を高くできることによって美白効果を高めることが期待できます。

 

また食後に飲むことでビタミンCの吸収率を高めることができるので、毎食後に必ず飲むことで1日中ビタミンCの血中濃度が高い状態を保つことが期待されます。

 

美白化粧水ランキング