ビタミンC誘導体ってなに?

ビタミンC誘導体ってなに?

ビタミンC誘導体は美白化粧品に必ず含まれている美白成分です。その働きはシミの根源に働きかけてくれる重要な役割があります。

美白化粧水ランキング

夏になると紫外線が強くなりますよね。紫外線といえばしみです。顔にシミが出来てしまうと、一気に年を取ったような印象になってしまうので、なるべくならばシミは作りたくないものです。 しみを防ごうと思ったら、シミの元となるメラニンが増えないようにしなければなりません。

 

美白化粧品には「メラニンの生成を抑制する成分」「できたメラニンの排泄を促す成分」「メラニンを還元する成分」が含まれています。

 

その中でも「メラニンの生成を抑制する成分」の代表は、ビタミンC誘導体です。 ビタミンCは、美肌作りには欠かせない成分ですが、 化粧品の中に配合されると、安定性が悪いので、 十分な効果を発揮にくいという弱点があります。その弱点を補うために、ビタミンCを誘導体化させたものが、ビタミンC誘導体です。

 

誘導体化させることにより、吸収されやすい成分となり、吸収された後にビタミンCへと変化します。 ビタミンC誘導体には、 メラニンに対する働きだけではなく、活性酸素を押さえたり、肌の新陳代謝を高めたりなどの働きがあります。

 

ほとんどの美白化粧品には、このビタミンC誘導体が含まれているので、 美白化粧品には欠かせない成分だと言えるでしょう。

 

美白化粧水ランキング